媚薬成分

マカ

マカ南米のペルーで4000メートルの高地で、厳しい生活環境で成長するアブラメ科の植物です。その植物の中で、亜鉛やミネラル成分が含まれています。栄養価の高さはその特殊な成長環境で期待できます。 男性のED(勃起障害)やインポテンツ、女性の不妊症や不感症に効果を発揮します。 女性はホルモンバランスが崩れることで、性生活を楽しめないこともしばしば・・・。 体の中から整えて、楽しいセックスライフのポイントです。

ガラナ

ガラナアマゾン川流域が原産地。カフェインやタンニンが豊富に含まれている果実。アルコールから抽出したエキスは、疲労回復や滋養強壮にも用いられています。日本ではガラナ配合のチョコレートが強壮剤のひとつとして販売されているほか、ガラナの炭酸飲料やガム、タブレットタイプもあります。 ガラナは、神経を過敏にして集中力を高め、体を活性化する効果があります。 女性は局部が敏感になって…いつも感じないところまで感じるようになります。

コラナット

コラナットアフリカ西部に分布する高木の常緑樹の果実。有効成分は、カフェインとコラニン、テオブロミン。 中枢神経に興奮効果があって、西アフリカでは興奮剤として、ジャマイカでは人気媚薬として使われています。

トンカットアリ

トンカットアリマレーシアやタイ、インドネシアといった国のジャングルに茂っている木。おもな成分は根っこから抽出されて、100:1に濃縮されています。植物の根は、子供の背丈ほどの大きさもあるそうで、ひとつ掘り出すのに約4時間もかかるのだとか。 トンカットアリは古くから強壮薬や媚薬として現地の人々に使ってきた成分です。主の成分は根から抽出されて、濃縮されました。

媚薬